ハナリンの情報発信ときくあつの伝わる文章のコツ3つを実践を通して1日で学びます。

——

情報発信講座の学びを活かして、よし書くぞ!と思っても、
(この文で、伝わるかなぁ…?)
(上手くかけないなぁ…)
(もう少しなんとかならないかなぁ?私の文章…)
などと思ったことはありませんか?

実際にどう書くと伝わるのか?

が分かると、的確な情報発信ができるようになります。

あなたの意図が伝われば、読んだ人がファンになり、何か始めた時に来てくれる人が増えます。

ハナリンの情報発信講座ときくあつの文章の書き方講座で、その苦手意識を克服し、「伝わる文章」をマスターします。

*****************

【1日の流れ】
10時から12時 ハナリンの情報発信講座
12時から13時半 ベジランチ
13時半から16時半 きくあつの文章の書き方講座

【それぞれの内容】

○ハナリンの情報発信講座

「どうしたら自分の好きな仕事に結びつくイベントを開催したり、情報発信ができるようになるのか?」について

①ブログで心がけること(タイトルのつけ方、写真の使い方、文章の書き方…)

②Facebookの使い方(情報発信になる投稿の仕方、写真の選び方、イベントの立て方、友達の増やし方…)

③イベントのつくり方(企画、発信の仕方、招致方法…)を学びます。

○きくあつの文章の書き方講座

①文章を推敲するとき3つのポイント(事前課題有り※任意)

②書く前にやっておきたいこと(誰に、何を?どうなって欲しいか?を実際に整理)

③文章を書く(文章を書くイメージはどんなもの?実際に書いて、音読したり、推敲し、webにアップします)

すぐ使えるように、実践を中心に学びます。

【参加費】
1日参加 8,000円(情報発信講座、ランチ、文章講座込)

情報発信講座のみ参加 3,500円

文章講座のみ参加 3,500円

特製ベジランチ 1,500円
※ハナリンの情報発信講座に参加したことがある方のみ、文章講座からの参加が可能です。

【定員】10〜15名

【申し込み】
Facebookのここからいふイベントページで「参加」表明。
もしくは、ここからいふ広場HPお問い合わせフォームより

※託児ご希望の方は別途上田までお知らせ下さい(1時間1000円)

※文章講座参加の希望の方で、より学びを深めたい方へ
事前課題提出をお願いします(任意)

【内容】
ブログ、パンフレット等への掲載を想定したご自分のプロフィール文
分量:200〜300文字

【提出期限】
1月20日まで

【提出先と形式】
info@re-co.ws
形式:Word形式

●ハナリンプロフィール
1968年白河市生まれ。ブロガー歴14年。 大学では社会学を専攻し、マスコミ・ジャーナリズムについて学ぶ。その後、大学職員となり、さまざまな職種を経験。特に大学の講座の開催、広報の仕事で「集客」を学ぶ。加えて、省庁に出す申請書や報告書の書き方をマスター。また一方で、スピリチュアル・占い系雑誌(MISTY、アネモネ)の連載漫画家としても活躍。漫画を通して、「わかりやすく・ためになる」絵と文章の表現を模索。2010年に千葉いすみ市に移住。まちづくりNPOのスタッフとして、ツアー企画、イベント集客、サイトによる情報発信を独自に確立。震災後の2012年5月、白河にUターン。NPOしらかわ市民活動支援会の理事として、まちづくりに参画。ブログやFacebookで企画するイベントはいつも満員御礼。小さなまちでの開催にかかわらず、全国から参加者が。
最近のイベントでは、中島デコさんのマクロビオティック料理教室・お話会(那須)、三輪福さんの奉納舞と水晶ボウル演奏会(白河)、タケシィさんの沖縄三線ライブ(白河)、マシマタケシさんのかおの絵・お話会(白河・須賀川)、写真家澤野新一朗さんのフラワーエッセンス会、スマホで写真講座(那須)、バリのシャーマンスージーさんのお茶会・瞑想会(白河・宇都宮)、桜庭千春さんの開運旅行講座(白河)、重ね煮料理教室(那須)、EM柴田農園ツアー(那須)、薬を使わないお医者さんのお話会(那須・福島)等。

アメブロ「ハナリンのみちのくロハスライフ」

http://s.ameblo.jp/ohanakeiko/

●きくあつプロフィール
栃木県宇都宮市出身。河内郡上三川町在住専門は「参加型の場づくりを通した人材育成」で、ジャンルは問わず。みんなで創ることや、有るモノを組み合わせて新しい価値を作ることが得意。つまり、参加型の何でも屋さん。
県内外のイベントやワークショップで、ファシリテーターとして活動中。
 2008年に「宇都宮プライド創造ボランティア」活動への参加がきっかけで、場作りの大切さに目覚め学び始める。
参加者主体の「場作り」を大切にしながらファシリテーターやワークショップ企画コーディネーターとしての経験を積み上げてきた。
 地域づくり活動にも積極的に携わっており、2013年にはコミュニケーションハウス上三川の家を設置。2014年にはコミュニティ・カフェかみcaféをオープンする。
2015年10月から上三川の家で栃木県初となる「Makanaこども食堂」を始める。検索ワードは「きくあつ」

実績:
講師(栃木県、栃木県社会福祉協議会、宇都宮市社会福祉協議会、宇都宮大学、鈴木屋木材、KANEDA美容室など)
アメブロ「【栃木、上三川、宇都宮】参加型の場づくりの専門家きくあつ」